恋愛論

老若男女を問わず、恋愛をすることで、人は生きるエナジーが湧き上がり、人生に喜びを感じ、全てに寛大になれる事でしょう。

恋愛感情がもし人間に無かったら、人類に繁栄は無かったのではありませんか?
人を好きに成る、そして相思相愛に発展!
素晴らしい出来事です。

密教には、理趣経、理趣経法が御大師様から伝えられて居ります。

老若男女、全てが愛を理解し、実践する事で、不安恐怖、怒り、妬み、嫉妬、全ての負を克服する事が出来、やがて即身成仏が完成されます。

恋愛に破れても!悲観する必要は、ありません。
何故ならその相手は、本当の相手では、無かったのです。
本当の相手は、必ず現れます。
b0359542_22205962.jpg
但し、努力が必要です。
何事にもやる気が大切。
やる気の無い者に魅力を感じる人は居ません!

北の暖炉さんが教えてくれた雪虫。
僅か10日位で恋愛、結婚、出産、死!…儚さを感じてはいけません!

雪虫は、10日間に生涯を生き、最高に込めた生き方をして、輪廻転生して逝ったのです。
何と潔良い生涯でしょう。

b0359542_21225321.jpg

愚僧も残りの人生を込めていこうと、決意する朝で御座います。
皆様の一日が、幸多き日に成ります様に御祈念申し上げます。

蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

# by jiyuu-fudou | 2016-01-08 06:00 | 永作先生からの手紙

法具《 宝具》

当院では、密教法具に特別な想い入れが御座います。

それは、出来るだけ、お大師様が御招来に成られた法具を使う事であります。
特別なルートを使って入手致しております。
b0359542_19055372.jpg
参考資料:空海象

密教法具の命は、造形美、意味、音響、これが不可欠であり、どれが欠けても…?
現代は、意味よりデザイン、形より利便性、材質、頓着無し。

しかし、其れでも良いと言う方はそれで良いのです。

古来より密教では、全てに意味を求め、意味を探求し、理解して来た歴史的事実が御座います。



b0359542_19064496.jpg
参考資料 東寺所蔵 御招来密教法具

b0359542_19073837.jpg
参考資料 御招来型密教念珠

当院の法具は、全て京都の専門法具師の手に依り、一品、一品忠実に再現して居ります。
全てに響銅を使用し、彫金を施して完成を見ます。
b0359542_19092367.jpg
※左より、独鈷杵・三鈷杵・五鈷杵
全て 響銅製

真澄でもお取り扱い致しておりますが、完全受注生産のため常時在庫はございません。
ご希望の方はご連絡下さいませ。

私の弟子達は全て、この法具師さんの製作した法具を使用して居ります。

密教を志す者にとり、法具は命。
オモチャでは、始まりません。

また、世に知られて居ない法具も現存致します。
此処で公開する事は出来ませんが、当院では、私の信用する者には全てを明かし、修行に役立てて居ります。
b0359542_13485824.jpg
本物の修行には、本物の法具。
当たり前の事ですが、簡単に行くものでも無い事は、私自身が若い頃の経験を通して、骨身に沁みて心得て居ります。


法具でお悩みの方には、当院が親切にお教え致します。
本物を手にし、修行する時、あなたの修行も本物に近くなることは、自明の理であると断言致します。


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝




真澄心理開発研究所メニュー




# by jiyuu-fudou | 2016-01-07 06:00 | 永作先生からの手紙

霊力

霊力とは、俗に言う、霊能者だけが持つ特有な能力ではありません。
貴方にも、貴女にもあります。

b0359542_13400091.jpg



霊能力
霊能力(れいのうりょく)とは、霊(霊魂)や魂、生霊、精霊などを感覚したり、霊的な力を行使して、通常の人間ではなし得ないことを行なうとされる能力のことである。単に霊能(れいのう)と呼ばれることがある。また、ほぼ同意語として神通力(じんつうりき、じんずうりき)、法力(ほうりき)等が用いられることもある。能力と呼べるほど自在に行使できるほどではないが、受動的に霊的なものを感知する感性は霊感と呼ばれる。超心理学の研究対象でもある。霊能力を使う者や霊感が発達している者を、霊能者(れいのうしゃ)と呼ぶことがある。

wikipediaより引用

唯、自覚出来無いだけなのです!
ことさらに、自分には霊能力があると言う必要はありませんが、本来誰にでもあるものなのです。

b0359542_15072760.jpg


昨日私は、御神氣を知りたいと願う人を天河弁財天に案内し、本当の御神氣に触れさせて証明しました。

御神気
1 万物のもとになる気。
2 精神力。気力。「神気を養う」
3 不思議な霊気。「神気森に満つ」
4 神々しいような趣。「神気あふれる作品」

デジタル大辞泉より引用


私は指一本触れず、事前知識も与えていません。
ただある場所を出入りさせ、本人が覚醒するのを待っただけ。

結果は、見事に的中。
覚醒しただけであります。

本来、霊力は誰にでも存在する能力であり、騒ぐ必要もありません。
ただ、忘れていた能力が覚醒しただけなのです。


b0359542_15433305.jpg
但し、覚醒させるには個人に合った鍵が必要であり、私はその鍵を開ける手伝いをしただけに過ぎません。

人間は、本来霊的存在であるから、覚醒して当然と言えば当然です。

要は訓練次第ということです。
例えば、算数を學んで居ないのに、高等数学が解けないのと同じ原理。
正しい解き方と、教師次第です。

最後に残るのは、本人のやる気と努力次第。
それで決まる事なのです。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝

真澄心理開発研究所メニュー




# by jiyuu-fudou | 2016-01-06 06:00 | 永作先生からの手紙

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る