<   2017年 04月 ( 60 )   > この月の画像一覧

まるでもう1人の自分が、味方として一緒にいてくれるようです

ご常連さまが、ご自身の誕生プレゼントとしてオーダーブレンドとチャーム香水瓶をご注文下さいました。
ありがとうございます。
いつも海外から、高い送料をご負担いただいてのご注文、誠に感謝致しておりますm(__)m
とても嬉しいです。

今回は、私が一目惚れして作家さんに卸して頂いた香水瓶に、精油ブレンド入れたお写真も頂きました。
メモリーオイルと違ってほとんど琥珀色か無色透明の精油ですが、それなりに雰囲気のある色が透けて見えることがわかりました。
こうしてお写真を頂くと、イメージが湧きますね。

ありがとうございます。
それでは、ありがたくご感想を掲載させて頂きます。


b0359542_09420607.jpg


b0359542_09191045.jpg


<オーダーブレンドと香水瓶>
登場した時から、 いつかお願いしたいと思っていたオーダーブレンド。
マイ誕生日プレゼントとしてオーダーしました。
一緒に香りを嗅いだ娘が「レモンのど飴!」と。
の、、のど飴!?
スッキリしてると言いたかったんでしょうか?笑
ご仏徳シリーズのオイルもそうでしたが、
慈優さんのブレンドは、市販の香水と違って、使う人に「 寄り添ってくれる」気がします。

今回は、私が自分でお願いした願意のブレンド。
まるでもう1人の自分が、味方として一緒にいてくれるようです。
とても心強く、励まされます。


<香水瓶>
オーダーブレンドを、 チャーム香水瓶に入れてネックレスにしました!
香水瓶だけでも可愛くて素敵ですが、ブレンドを入れるとオイルが透けて、 また違った雰囲気になります。

紺のレースブラウスと香水瓶ネックレスを合わせるのがお気に入り です。
ボトムをタイトスカートでエレガントにジーンズで大人カジュアルに白いワイドパンツできれい目に。色々大活躍しています。

香水瓶が大人っぽい可愛さなので、40代の私でも大丈夫ですし、存在感があるのでアクセサリーはこれ一つで充分です。
作家さまのセンスの良さを感じます。
購入してよかったです。




今日が良い日でありますように。
慈優

真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-30 09:00 | お客様からのお便り

笑顔の力

人間が持てる最高の力は笑顔です。
笑顔には、全ての人をしあわせにする力が秘められて居ます。

母の笑顔は子供達に安らぎを与え、父の笑顔は家族に安心と力を与えます。
笑顔が一家の光明であり、国民の笑顔が国に繁栄をもたらします。

b0359542_15124718.jpg

しかし、作り笑いは猜疑心を招き、迎合の笑いは国を滅ぼし、独裁を助長します。

あなたはどちらを選びますか?笑いに関する言葉
【ネガティブな意味の笑いに関する言葉】
一顰一笑(いっぴんいっしょう)…顔をしかめたり、笑ったりすることで、顔に表れる表情の変化、顔色のことをいう。
猿の尻笑い…猿が他の猿の尻が赤いといって笑うということで、自分の欠点には気付かないで他人の欠点をあざ笑うたとえ。
目糞鼻糞を笑う…自分の欠点には気づかず、他人の似たような欠点を笑うことのたとえ。
鍋が釜を黒いという…自分の欠点を棚に上げて他人の欠点を嘲笑する事
笑止千万…ひどくばかげていておかしいこと。また、気の毒なさま。
笑中に刀あり…うわべは笑って好意を示すけれども、に悪意を秘めていることのたとえ。
笑中に刃を研ぐ…うわべは優しそうであるが、内心は陰険で、人を傷つけ陥れようとしていることのたとえ。
笑う者は測るべからず…怒っている人は表情でわかるが、いつもニコニコと笑っている人は何を考えているのかわからないので気をつけなければならない。
真綿に針を包む…うわべは優しいが、内心に悪意をもっていることのたとえ。

【ポジティブな意味の笑いに関する言葉】
呵呵大笑(かかたいしょう)…大声で笑うこと。豪快な笑いに使う。
泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生
破顔一笑…表情をほころばせて、うれしそうに笑うこと。
捧腹絶倒…腹を抱えて大笑いすること。また、そのさま。
笑いは人の薬…笑うということは、人にとっては薬と同じように役立つものだということ。
笑う顔に矢立たず…穏やかな笑顔で接してくる人にはこちらが抱いていた悪意さえも消え失せてしまうということ。
笑う門には福来たる…いつも明るく笑い声の絶えない家には、自然に幸福がやって来るものだということ。

全ての人が、笑顔を絶やさず生きられる環境こそ天国なのです。
人は、苦しむ為に生まれたのではなく、真実の笑顔を知る為に生まれたと私は想います。

b0359542_19265590.jpg

例えば、病気の方が笑顔になる時、其処には自然治癒力が生まれる様に、笑顔にはまだまだ神秘な力が隠れて居ます。
笑顔無くしてしあわせ無し。
笑顔には、万人を救う力があるのです。

様々な事で悩み苦しむ時、鏡に自身の顔を写して下さい。
其処にあるのは、本来のあなたではありません。

b0359542_18433297.jpg

笑顔の似合わ無い人など存在しません。
笑顔の中にこそ、森羅万象をも動かす力が秘められて居るのです。

真にしあわせを望むのであれば、自身が笑顔で無ければしあわせが遠去かり、代わりに不幸の芽を植える事に繋がり、苦しみを増大させることを忘れてはいけません。

あなたが笑顔を取り戻す時、あなたを取り巻く環境も変化するのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-30 06:00 | 永作先生からの手紙

師弟の契り

b0359542_21251274.jpg

今日は弟子入りの馴れ初め?について話したいと思います。

密教塾の塾生になってすぐのことです。
晩御飯の後、炬燵で寛いでいると、突然どこからともなく香ばしい何かが焼けた匂いが漂ってきました。

私は、調理が終わったら鍋だろうがフライパンだろうが薬缶だろうが、必ずコンロから下ろし、温かいうちに濡れ布巾でコンロ周りを掃除する習慣があります。
食事が終わってからとか、ひと休憩してから…と思うと、段々面倒臭くだるくなってくるし、冷えると汚れがこびりつくからです。

ですから、最初は「あれ?今日は何か火にかけていたかな。それとも野菜くずか何かが焦げたのかな」と思いました。
しかし、掃除済みの冷えたコンロが灯りを落とした台所に見えるだけ。

ではこれは何の匂い?
線香の匂いなのか?
違いました。

友人が吸っているたばこの灰がこぼれたのか?
違いました。

その匂いは、澄んだ炎の中に殻の硬い植物を投じた香ばしさなのです。
ややあって、私は閃きました。

これは護摩の供物の匂いだ!!

匂いの正体がわかると少し安心して、満腹感から横になってうとうとし始めました。
すると、今度はどこからともなく低い男性の声で読経が聞こえるのです。
なんのお経はわかりませんが、安定した一定のリズムで聞きほれるような耳に残るお経です。

窓を開けて暗いベランダに出てみましたが、当然匂いもなければ音もしません。
私の耳だけがお経を拾っているのです。

はて。ちょっと困惑しました。
自分だけ聞こえているとなると、これは「幻聴」というのではないでしょうか。

気持ちを落ち着けようとテレビの前に座りました。
リモコンに手を伸ばして、何の気なしに消えているテレビ画面の方に視線をやると…。
そこには赤い光の玉と青い光の玉が浮いてしました。

…ダメだ。私は一体どうなってしまったんだろう。
おかしい。

テレビは諦めて、少しの間仰向けに寝てみることにしました。
自分に起きていることがさっぱり理解できなかったのです。


自分がこの短い時間の中で感じ取ったことをひとつずつ冷静に心の中で組み立ててみました。
その結果、「赤不動明王院ではいまこの時間、何らかの護摩祈祷をしている。私はそれを遠く離れた島根にいながら、リアルタイムで感じ取っている」という結論に達しました。

青い光の玉と赤い光の玉は、永作先生の眷属?それともご本尊様の二人のご眷属か。
いずれにしろ、赤不動明王院からやってきて、私を観察している存在なのだと思いました。

翌日。
先生にメールでその話をしていたところ、いきなり剛速球が投げ込まれました。

「本気で私の弟子になりませんか」

私も間髪入れず返信しました。

「弟子になります」

この間、やり取りに5分も掛かりませんでした。

追ってすぐに返信がありました。

タイトル「承知」
本文「戒名を考えます」

そこから先はもう怒涛の日々の始まりはじまり…。



つい先月。
私は入門時に見聞きしたものの正体について、改めて先生に聞きました。

私が護摩の匂いを感じ、読経を聴き、赤と青の光の玉を見た日。
先生は護摩を焚いていらしたそうです。
そして、赤と青の光も私の元へ行っていたと。

部屋の中で、時々急に白檀の塗香の匂いがする時がありました。
そのとき、先生は何度か私の処に来ていたそうです。

また、私が喘息発作で苦しんでいたとき、部屋の中を青い人?のようなものが横切るのも見かけました。
あれは青面金剛さまではないかと思っていたのですが、それも尋ねると、その通りでした。

幻覚幻聴の類と片付けようとしていたのですが、悉く感じていたものは合っていたようです。

『君はこちらの世界に来る人間だったね』と、ようやく一年の修行が済んでから、種明かしされました。
それもこれも、入門当時に話して、私が先生の忌み嫌う「不思議ちゃん」になってはいけないから…だったそうです。





真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-29 20:00 | 弟子が荼枳尼天を背負ってやってきた

爽快ブレンドに再会できて、本当に嬉しい♪

b0359542_09483191.jpg

前回ご好評頂いていた、爽快ブレンド。
復活しました。

b0359542_09483104.jpg

今月の新作だった、心の窓拭きブレンド。

2本一緒にお迎えくださったお客様よりご感想を頂きました。
どちらもハーブ系ですが、一方はスッキリ。
もう一方は少し懐かしく安心する仄かな甘みが特徴です。

違いに気付いて頂けて光栄です。
ありがとうございます。

ちなみに、心の窓拭きブレンドを調合しているとき、花粉症がひどいうちの母が「なんだかとっても楽だわ。これ何の香り?」と興味津々でした。

それでは、お許しを頂いてご感想を掲載させて頂きますね。


先日注文させていただきました爽快ブレンドと心の窓拭きブレンドが無事手元に届きました。

封筒を開けた瞬間から清々しい香りが!!
思わず「わぁ~♡」と声が出てしまいました(笑)

まず爽快ブレンドに再会できて、本当に嬉しい♪
そして初対面の心の窓拭きブレンド… 
清々しさの中に ほぅ・・・っとリラックスできる感じがあって、これまた素敵☆


この2本、どちらもすっきり爽やかですが、心の窓拭きブレンドは 目の前の霧がさーっと晴れていく、それまでの間ずっと優しく寄り添って下さるような感じ。
爽快ブレンドの方は いきいきと力強く背中を押して下さる感じが致しました。

比較してみることで それぞれの違い=個性=良さが感じられて、2種類注文してみるのもいいものだなぁ〜と思いました。

これからも真澄の香りをどうぞお楽しみくださいね。
長く、素敵なお付き合いが出来ますことを心から願っております。




真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-29 18:00 | お客様からのお便り

澱がたまったら身体を動かす

自分の前を行く人の姿は、凛々しく立派に見えるものです。
また、軽やかに簡単に何事かをやってのけているように見えるので、自分も簡単にできるのではないか…という錯覚を覺えることもありますね。

私のような拙いものであっても、時々「あなたにできるようなことなら、自分にでもできる気がします」と言われることがあります(笑)
私は一切の感情を捨て「はい、やったらできると思いますよ」とお答えします。

その方が出来なかった時の決め台詞も大体決まっています。
「誰もがあなたのように強くない(自由ではない)ということを忘れないでくださいね!!そういうあなたのことを不快に思う人がいるんです」

ああ、またか。と思います。
そして受け流します。

けれど、心のなかに流したと思っていた感情は澱のように積もっていくもので、何かの些細なタイミングでその痛みや衝撃は蘇ります。

簡単に乗り越えてきたかのように振る舞わなくてはならない。
弱みを見せてはいけない。
だって私は強いと思われているから。
鈍感だと思われているから。
何を言ってもしても平気な人間だと思われているから。

どうせ女なんて…と言われたくない。
思われたくない。
そうしたら負けだ!!

心の中にある我慢の壺がぎりぎりいっぱいなるまで貯め込み、そしてある日突然壊れます。

何度か精神的に壊れたあと、私は身体を動かすことでその澱を分散させながら解消することに気付きました。

b0359542_09141760.jpg

うまくいくときばかりではありませんが、やってみる価値は少しはあります。
なぜそう言えるのか?

そうでもしないと、自分が世の中を見る視線が歪んで偏ることが分かっているからです。


真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-29 09:00 | 慈優からの手紙

戦争

戦争をおこすのは、人間だけである。
何故、人間は戦争をするのか?
何故、戦争を好むのか?

動物は、争いもするが殺し合いはし無い。
では、人間は動物以下なのか?

b0359542_19065815.jpg

そして戦争は、立場の弱い者が犠牲に成るのも周知の事実である。
戦争が好きな指導者同士が、リングの上で好きなだけ闘えば良いのである。

そうすれば、兵士も軍備も必要無いのである。
愚かな事である。
人間がおこす戦争は、悲劇と悲惨さしかもたらさ無い愚行である!

食料が必要ならば分かち合い、愛が必要ならば分かり合えば良いだけである。
民族主義に固執するのであれば、自給自足に徹すれば良いだけの事である。

戦争
軍事力を用いて様々な政治目的を達成しようとする行為(行為説)、または用いた結果生じる国家間の対立状態である(状態説)。
一般に、国家もしくはそれに準ずる集団が、自衛や利益の確保を目的に武力を行使し、戦闘を起こす事。
戦争は太古から続く人類の営みの側面であり、最も原始的かつ暴力的な紛争解決手段であると言える。

政治だけでなく、経済、地理、文化、技術など広範にわたる人間の活動が密接に関わっており、その歴史的な影響は非常に大きい。
近代以降の戦争は陸海空軍等の軍隊のみの武力戦だけでなく、一般国民を広く巻き込む総力戦の様相を呈することもあり、外交戦、宣伝戦、謀略戦、経済戦、貿易戦、補給戦、技術戦、精神戦などの闘争を本質的に包括しており、相互に関係している。
そして結果的には、その規模にもよるが、国際関係や社会や経済など幅広い分野に破壊的な影響を与え、軍人や民間人の人的被害からインフラの破壊、経済活動の阻害など社会のあらゆる部分に物的被害を与えることとなる。

一方で、科学、技術、外交、戦略論、組織論、戦術論、兵器・武器の発展をもたらしてきた側面もある。
また、軍需景気により生産設備に被害を受けなかった戦勝国や第三国の経済が潤う場合もある
(例:第一次世界大戦と第二次世界大戦後の米国や第一次世界大戦後と朝鮮戦争後の日本)。
また、戦争の敗北により近代オリンピックやFIFAワールドカップ等の国際大会への参加を禁じられるケースもある。

その発展や勝敗には原則的、法則的な事象が関連していると考えられており、軍事学において戦理や戦略・戦術理論の研究、戦闘教義の開発、兵器開発、定量的な作戦研究、戦史研究などが行われている。

戦争特需…戦争が原因で発生した特需景気。

朝鮮特需:1950年代前半、朝鮮戦争によって発生した特需
ベトナム特需:1960年代後半から1970年代前半、ベトナム戦争によって発生した特需(漢江の奇跡)

Wikipediaより引用


b0359542_19233189.jpg

宗教闘争も同じである。
過去に宗教戦争もあったが、信じたく無ければ無視するだけで良いのである。
揶揄する必要も無いし、他に進める必要も無い。
信じたければ信じ、嫌なら辞める自由がある。

宗教戦争
宗教上の問題が原因で生じた戦争。
必ずしも宗教上の対立のみではなく、政治的な利害も複雑にからみ、深刻な争いとなった。
同国民同士が血を流して争いあう宗教戦争への反省から、西ヨーロッパでは政治と宗教の分離が進められるようになった。

イスラエルと周辺アラブ諸国とで戦われた中東戦争および以降のパレスチナ武装勢力との紛争は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地であるエルサレム・ヘブロンなどの帰属問題が絡んでおり、宗教戦争の色彩も強い。

元々、イスラエル建国以前にパレスチナに土着していたユダヤ人は民族的にはパレスチナ人とほぼ同じであり、信仰する宗教の違いで区別されていた経緯もある。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカは同盟国に呼びかけて対テロ戦争を継続しているが、最近では中東地域の民主化というスローガンも掲げている。2004年のイラク戦争は、その典型である。
中東には同じイスラム教を信仰している観点から、義勇軍として多くのイスラム教徒がイラクの支援に向かい、また、反米運動が各地で展開されるようになった。
現代ではこのようなイスラム教徒と非イスラム教徒の対立の構図が少なからずとも見られるようになり、「文明の衝突」とも呼ばれている。
Wikipediaより引用

全ての争いの根幹は、押し付けにあると考えます。

北朝鮮の実状は、国民は飢えに苦しみ、一部の階層が自らの生活を守る為だけに、未熟な者を祭り上げ迎合を繰り返して居るに過ぎません。
争いを好む時、破滅と云う魔物が口を開け歓喜して居る事を知る時では無いでしょうか。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

人を、生命を、攻撃するのではなく、「みんな幸せであってほしい」と言う気持ちを育てること。
それで人とぶつかることも、何かに文句を言う事も、消えてしまいます。
慈しみ(怒りがないこと)によって怒りが消えます。
この真理は、生命が生きている限り変わらない普遍的な真理です。

スマナサーラ言語録より引用

b0359542_19312785.jpg

うばい合えば足らぬ
わけ合えばあまる
うばい合えばあらそい
わけ合えばやすらぎ

うばい合えばにくしみ
わけ合えばよろこび
うばい合えば不満
わけ合えば感謝

うばい合えば戦争
わけ合えば平和
うばい合えば地獄
わけ合えば極楽
相田みつを 「わけ合えば」 引用

戦争・紛争・そして個人的な争い。不和。
それらすべての登場人物には、あるパターンと構造があるように思います。

争い合う当事者と正当性や権利の主張、押しつけとその拒絶という構造。
争いによって被害・損害を受ける立場の者。
そして忘れてはいけないのが、その争いによって得をする立場の者。
です。

なぜ世界中から争いがなくならないか。
それを考えるとき、憎しみという負の連鎖は当然ながら、その争いを起こすことに寄って利を得る人間が存在する。という事を忘れてはいけないと思います。

Wikipediaの解説の中にもありますが、戦争は物質的にあらゆる部分に甚大な被害を与えます。
が、その被害が存在することによって、利益が発生したり、技術が進歩したりするという事も事実なのです。
平時においては、研究・過去やデータの検証にとどまっていた分野が「正義」という名の大義名分のもとに、「実証」「実験」する機会を得るから。


世界を、そして自分の身近な社会に平和を保つために、人道的な啓もう活動は不可欠ですが、それと同じぐらいに争いの構造に対する認識を深めることが大切ではないでしょうか。

・誰が損をするのか
・誰かが得をするのか
・誰が陰で糸を引いているのか

人に、社会に、情報操作に踊らされずに生きていくためには、この三点からの分析は重要であると考えます。





[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-29 06:00 | 永作先生からの手紙

オーディションの付き添い気分だったのに…

b0359542_21251274.jpg

今日から少しずつ、弟子入りからの日々を綴っていくことに致します。
以前、コンテンツを作って綴っていたのですが、思い切って消してしまいました…(;'∀')
まさか師僧から加行として与えられるとは思わず、「ガーン」ですが、心を新たに書いてみようと思います。

2015年11月。

私はある言葉を検索していて、永作先生のブログに出会いました。
そして記事の下にある言葉に、深く惹かれました。

「密教塾 塾生募集」
老若男女問わず、誰でも入塾可能とあります。
そんなことがあり得るのでしょうか?

しかし私は勇気を出して連絡することにしました。
なぜなら、私には霊媒体質で霊に関わる仕事をしている友人がいたからです。
霊能力を元に人助けを無償でしていた友人でしたが、時々話を聞いていると「誰かの指導を受けずに自力でそんなことをしていたら、命がいくつあっても足りないだろう」と感じざるを得ませんでした。

誰かきちんとした指導者の下で訓練を積み、アクシデントや自分の能力・限界を超えた案件については自分の現状を受け入れるようにしなければ危険。

その為に信頼できる師匠を探して紹介したい。

その一念でした。

私がその信頼できる師匠となるべき人と、友人の橋渡しをしたい。

そう思って、永作先生にメールを送りました。

この状況は、友達や男兄弟、従弟などの写真をアイドル事務所に送り付けるミーハーな女性と同じ感覚です。
そしてそのオーデイションに付き添う心理と酷似していたと思います。

…続く…

真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-28 21:00 | 弟子が荼枳尼天を背負ってやってきた

心は時々曇るものだから…

仏門に入ってから覚えた言葉のひとつに「放念」があります。

日常会話的に翻訳すると、それは「執着を手放す」が近いかもしれません。

あの人にこんなことをされた。許せない。
あの人がこんなことを言った。忘れられない。
あの人ばかり得を(楽)をしている。痛い目にあえばいい。
あの人の取った行動には腹が立つ。同じ目に遭わせてやる。

人間ですから、出来事に対してそんな感情が生まれることをやめることは出来ないかもしれません。

脊髄反射的に怒りがこみあげてきて、荒い言葉を吐き捨てたり、ものに当たったりすることもあるかもしれません。

しかし、それらの怒りを、いつまでもいつまでもいつまでも自分の中に持ち続けているとき、そこに生まれるのは「自分の愚かさ」と「過ちを犯しかねない心の闇」です。

b0359542_23120933.jpg

なぜなら、人の心が過去にとらわれているとき、進む未来には負荷がかかっているからです。
軽やかに飛ぶことなど叶いません。

飛ぼうとすれば必ず、錘が「むさぼり・怒り・不平不満」の谷へあなたを吸引してしまうから。

そこには自分は正しく、他人は(周囲は)すべて間違っているから罰しなくてはならない。自分だけが良ければいい。という身勝手の炎が燃え盛り、あなたを焼き尽くすのです。

のちうち回る中で見える景色は、一体どんなものでしょう。

次なる怒りと被害者意識を募らせて、ゆがむ世界は美しいものでしょうか。

全ては自分に返る。とは、そういうものなのではないかな…と思う私です。

感謝合掌
後藤慈優

あなたの心の窓拭きにお役立ていただければ幸いです。




[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-28 09:00 | 慈優からの手紙

障害は、個性

例えば、ダウン症の少女が書家と成り、素晴らしい作品を生み出し私達に感動を与えてくれます。
水泳に至っては、迫力ある泳ぎで感動を与えてくれる少女が、オリンピック《パラリンピック》に向けて素晴らしい泳ぎで私達を魅了してくれます。

様々な世界で活躍する個性派を、皆が応援・交流し、優しい心で生きる時、其処には平和の二文字が生まれます。

b0359542_16563510.jpg

本当の意味での個性は、ワガママや怠惰、傲慢の中からは生まれません。
私達が個性を理解して応援と協力をしなければ、せっかく芽生えた個性を枯らせかねません。

金澤翔子さん
金澤 翔子(かなざわ しょうこ、1985年6月12日 - )は、東京都目黒区生まれの書家。母も同じく書家の金澤泰子。
号は小蘭(号の場合、苗字は金沢)

母・泰子が高齢出産にあたる42歳で翔子を出産。
新生児期に敗血症にかかり、後にダウン症と診断される。
当初はその事実を知った泰子は我が子と共に死のうとも考えたが、夫の熱心な想いと遅咲きながらも少しずつ育っていく子の姿を見て思いとどまったという。
金澤の書道は母の師事によるものから現在の作風に至っている。
講演会や個展、席上揮毫などに金澤が出席する際には必ず泰子が同席している。
271文字の般若心経を練習し、字を見て父親が誉めてくれた。
趣味は、カラオケとプール。
カラオケはモーニング娘。を歌うことが好きで、俳優の小池徹平の大ファンでもある。
好きな文字は「夢」

1990年、5歳の頃より書道を始め、1995年全日本学生書道連盟展に「花」を初出品する。
1999年、日本学生書道文化連盟展に「龍」を出品し銀賞を受賞。
2000年にも同じく日本学生書道文化連盟展に「延命十句観音経」を出品して銀賞を受賞。
2001年、日本学生書道文化連盟展に「舎利札」を出品し、学生書道としては最高位である金賞を受賞。
その後、矢口養護学校に進学する。
2002年、日本学生書道文化連盟展に「觀」を出品し金賞を受賞。
翌年に荒井裕司が理事を務めるステップアップアカデミー(現・翔和学園)に入学する。
2004年、書家としての号「小蘭」を取得。
2005年、最初の個展である「翔子 書の世界」を銀座書廊で主催。
2006年10月、建長寺に「慈悲」を奉納。
2009年11月、建仁寺に「風神雷神」を奉納。
この作品は同寺蔵の国宝「風神雷神図」の隣に展示され大きな反響を呼んだ。
2012年1月、福島県いわき市に自身初の常設館である金澤翔子美術館を開設。館長となる。

個性派達は、私達に様々な氣づきを教えてくれます。
氣づきとは。を真摯に受け止めなければ、生涯知ること無く人生を終える事になるでしょう。

謙虚にならなければ見るに終わり、學びにも繋がりません。



個性派の方々は、霊的に言えば、勇気がある魂なのです。
私達は、互いに助け合い、學び合う時、本当の學びに出会うことが出来るのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-28 06:00 | 永作先生からの手紙

香炉は難しい

普段は炭に火をつけて、香炉を使っています。
でも、ふと思いついて電子香炉を購入してみました。

昨年の夏、屋敷祓いに初めて行きました。
そこに香炉を持ち込んだのですが、なかなか火がつかず、ついてもすぐ消えて結構大変な思いをしました。

優雅な環境でお香をたしなんだ経験がなく、シゴトとして初使用だったため、本来どの程度のたしなみ方なのかの基準がわからないのです。
これなら、計算しつくされた熱で香木や練香が楽しめると思います。


電子香炉kioka Red

山田松香木店

undefined



真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-27 22:00 | 慈優からの手紙

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る