謎の兄弟子ジザイ

b0359542_21251274.jpg

弟子になって数カ月。
しきりと、私に話しかける声を感じるのです。

声を感じる?
ちょっと違和感のある表現ですよね。

私は霊的な五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)情報を、そのまま聞いたり見たりするのではなく、「感覚としてとらえる」という形で情報処理していました。
以前は、実際に見えたり匂ったりするときと、「青だと感じる」とか「~の気がする」という時とが、まだらに存在していました。

また、色や匂いに音や振動も感じます。
素敵な色や芳香の場合には、感動が多重になるので幸福ですが、そうではないときは神経がすり減ります。
誰かとこの感覚を共有したいです…。

閑話休題。
しかし聴覚に関しては、耳で聞いているというよりは心に直接語り掛けられているように感じることが多いです。
その時もそうでした。

声の主は男性で、とにかくある名前を繰り返し繰り返し私にささやきます。

ジザイ…ジザイ…。
うちの一門は、みな名前の頭に「慈」がつきます。
だから、漢字としては「慈在」だろう。と予想しました。

私は、新弟子を法力の強い兄弟子がからかっているのだと思いました。
「お前さんがどれほどのものか、ちょっとお手並み拝見だぜ」みたいな(笑)
密教漫画にもありましたよね、こういうくだり。

しかし、何の目的があって?
わたしは気づきましたよ。
意図を教えてくれてもいいじゃないですか。
いま、私の様子を霊視してほくそえんでいるんでしょう?
でも、ちょっとしつこい!!(怒)

イラッとしてきたので、先生に尋ねました。

あの、兄弟子に慈在という方はいらっしゃいますか?
ジザイ?そんなものはおらん。どうした?
最近、私に対してしきりにジザイ、ジザイという名前で呼びかける声を感じるんです。
弟子ではないのなら、一体誰なんですか?


そのあと、先生は想定外の答えを口にしました。

慈優よ。それは聖天さまだ。

はぃ?
てっきり、お前は低級霊にもてあそばれている。しっかりしろ。
と言われるのだと思っていました。
もしくは気のせいだと。

聖天さま???

おかしいなぁ。聖天さまはあまり人間にちょっかいを出す仏さんではないんだがな…。
でも、聖天様にはあまり近づくなよ。分かったな。


はい。
(そんなことを言ったって、私から近寄ったわけではありませんよ?向こうから接触しておいでなのですが、その場合どうしたらいいのでしょうか)
※赤不動明王院は聖天寺です。

先生から「近寄るな」と言われた聖天さまですが、ジザイさんの正体が分かった数日後のこと。
先生は突然、こう仰いました。

おい慈優。在家聖天秘法の伝授をすることにした。
次第書を作ってくれ。


はい?

じゃ、私に聖天さまがちょっかいを出したのは、伝授をする前触れだったということですか?

聖天さまは霊験あらたかなことでは有名ですが(ほかの仏さまにお願いしても叶わなかったような、無理目なお願いを聴いてくださる)、七代の運を使い切るとか、祀り方が難しいとか、世間一般的には非常にリスキーな仏さまとして有名です。

また、聖天さまは非常に好き嫌いが激しく、はっきりした方だとも聞いていました。

私…好かれている?のでしょうか。
昔から、人間関係でも「気難しい人」とか「面倒臭い人」に好かれるタイプではありましたが…。

慈優よ。お前、聖天法やるか?
聖天行者は独身男性しかなれないと聞いておりますが?
うーん、確かに私は30代で生理上がりましたが…。

だから、いいんじゃねぇか。もしお前が聖天行者になったら、女で初めての聖天行者だな。
…無理じゃない?それは…。
やるかやらねえか、一晩寝てよく考えてみろ。
あ、やります!←即答

よく言った。それでこそ俺の弟子。
他のものは100日行だが、お前だけは1000日行をやりなさい。


げっ。
何だか罠にはめられた気分ですが(苦笑)
承諾した途端に条件変わるなんて…。

職安の募集要項を見て採用されたら、いきなり仕事内容とか就業場所が全然違ってたっていうパターンの奴やないかーい。

1000日をもって初日と成す。それでこそ行者だ。分かったな!!!

返事は、はい&イエスのみ。
そして退路はない。

それが行者の生きる道です。
南無~。

以後100日成満を重ね、5/22でようやく丸1年を迎えます。

その度ごとに、霊的な妨害を受けてきました。
以前もブログに書いたのですが、次回からはその話をまた書いていこうと思います。
あ、その前にご本尊さま絡みの心温まるエピソードを書く予定です。


真澄心理開発研究所メニュー



[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-05-17 22:00 | 弟子が荼枳尼天を背負ってやってきた

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る