感応した剣

両刃の尊剣を過日、師僧より賜りました。

所有してから、危ないのでしばらく高ーいところに保管しておりましたが、このたびある命を受けて病気平癒の為に宝剣加持を毎日するようになりました。

私が病気平癒祈祷をしている方は現在二名さまです。
いずれの方からもお金等は一切頂戴致しません。
これは私の行の一環として「させて頂くありがたい経験」なのです。

お迎えしている祈祷本尊さまごとに、2人分刀を振るいます。
するとどうでしょう。

先ほど確認したところ、あれほど入念に手入れをして我が家へやってきた両刃剣が、錆だらけになっていたではありませんか。

b0359542_21431671.jpg


あわー。絶対に師僧に怒鳴られて殺される。
大阪湾に浮かぶんだろうな~(;´・ω・)
辞世の句が思い浮かばないぜ。

と思いながら、覚悟を決めて電話。

あまりに私が打ちひしがれていたので、思いのほか師僧は優しかったです。

そして『高い勉強になったな。これで刀の怖さが分かっただろ。日本刀は本当に扱いが難しいんだ』と。
しかし、こうも仰いました。

『お前の祈祷にご本尊さまが感応されたの。それは誰にでもできる経験じゃない。あれだけ手入れした刀、お前の処に渡って1カ月もしないうちに錆だらけになるはずはねぇんだ。経験として落し込め。自分が経験したことは、言葉に重みが出るじゃねぇか。良かったよ。学ばせて頂いて』

本当です。

祈祷させて頂けるありがたさ。
刀を扱わせて頂けるありがたさ。

そして、万物が永遠ならざることを、日本刀の扱いの難しさを教わったこと。

全てにただ感謝です。


…で、私はこれから毎日泣きべそをかいて手入れに励みます。
研ぎに出したら1回30万~。

真澄にそんな余力はありません。
ガンバガンバ。

そして私は、めげずに明日も加持します。
だって行者だもん。
真澄心理開発研究所メニュー
メニュー無料メールマガジン 過去も変えられる!カウンセリング手帳 
masumi.shinri@gmail.com
 
真澄心理開発研究所オーダーフォーム

仏空也上人 金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝 師僧

→調べ物をして検索で見つけたサイトがご縁で、永作先生に出会いました。
「学びなさい」「私についてきなさい」の言葉が黍団子!?となって、祈祷僧への道をまっしぐら。
先生の言葉をメルマガやこのブログで配信するのも、私の現在の仕事のひとつです。

霊視相談など
不動明王尊の結縁ワーク
愛染明王尊の結縁ワーク
摩利支天尊の結縁ワーク
密教瞑想法

【無料メールマガジン】今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
【有料メールマガジン】新生密教塾

お問い合わせの際には、お名前・ご住所・電話番号を必ず明記の上、ご連絡下さい。上記の明記がないお問い合わせには応じかねます。

[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-04-03 13:00 | 慈優からの手紙

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る