愛することの喜び・奥深さを教えてくださる仏さま

b0359542_17473716.jpg

若いときと違い、私のような年になりますと、親が定年退職したリ、病気になったり、手足が不自由になったり、霊界に帰っていくようになります。
誰かを想い、添い遂げようと思うとき、必ず家族単位で自分たちの愛を俯瞰していかなくてはなりません。
私は数年前まで、婚活に血道をあげておりました。

お見合い、婚活というのは、恋愛初期のムズキュン(むずむずして、胸がキュンとするような甘い雰囲気)を極限まで排除した「甘味ゼロ」「査定基準過酷」な世界。
そこでは、本人の年齢(子供が産めるかどうか)、家族関係、家族の職業、家族の収入、家族の健康状態、兄弟関係と兄弟の婚姻状況などが、すべて査定の条件になります。

私はとっことん不良物件でしたので、いつも深手を負っていました。

そこで学んだことは、自分がいかに自分自身に対して負の呪いをかけていたか…ということでした。
確かに日本の風土に根強く浸透している、女性というものに対する価値観や、社会での立ち位置等、自分自身の力ではどうしようもない壁、肉体的な問題など、努力でどうしようもない問題にもたくさんぶつかりました。

一方で、私はその自分を傷つける価値観を使って、自分を陥れ、切り刻んできたのも事実でした。
被害者になることで、大人になった気分、負け犬気分のぬるま湯につかっていたのです。

そして、条件から相手を選別するとき、不利な状況から「ではどうするか」という思考回路は開かないと悟りました。
相手に対する要求水準が、分不相応に高いから。

互いに手を取り合い、難局を乗り越えていこうというチームワークを得ることが、お互いを値踏みしている時には生まれないのです。

では、どんな始まりになら、「結婚」という一大事業の「共同経営者」たることが可能になるのか。
それは、「尊敬」の気持ちを相手に持ち続けられると感じたときではないかというところに辿りついたのです。

學びあいましょう。
成長し合いましょう。
いつまでも話し合う事を大切にしましょう。
励まし合いましよう。


人間には4つの窓があるといいますが、相手が、自分が気づいていない窓を開けましょう。
つまり…互いに関心を持ち続けましょう。

自分や相手の価値は、自分たちで見出していけばいいのだから。

感謝と尊敬はいつまでも色あせることのない贈物です。


b0359542_16003666.jpg

私は毎朝、愛染明王さまの観想をしています。
単にお姿を目を閉じても思い描けるようになるだけが観想のゴールではない…と私は思います。

そこで、愛染明王さまの御姿、手にお持ちの法具の種類やその意味など、ひとつ思い浮かべるごとに確かめ、なぜその手に持っているのか、どうしてその順番なのか?についても考察を深めます。

すると、そこには法則と言うか順序のようなものが見えてきました。
もしかしたらそれは私の思い込みなのかもしれませんが、それにたどり着いたとき「ドーン」と何かが背中を押しました。
愛染明王さまと結縁して頂いたら、ぜひ毎日観想をして愛染明王さまとの繋がりを深くして頂きたいと思います。
そのためには香合仏の愛染明王さまをお迎えになられるのが良いでしょう。


何もないところからイメージするより、自分のためだけの仏さまに開眼供養して頂いた香合仏を見ながらつながった方が、ご仏徳も頂けますし、學びも格段に深まるでしょう。
観想の仕方や護身法については、結縁ワークのテキストに説明しております。


真澄心理開発研究所メニュー
Instagram
メニュー無料メールマガジン 過去も変えられる!カウンセリング手帳
 
masumi.shinri@gmail.com
 
真澄心理開発研究所オーダーフォーム

仏空也上人 金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝 師僧

→調べ物をして検索で見つけたサイトがご縁で、永作先生に出会いました。
「学びなさい」「私についてきなさい」の言葉が黍団子!?となって、祈祷僧への道をまっしぐら。
先生の言葉をメルマガやこのブログで配信するのも、私の現在の仕事のひとつです。

霊視相談など
不動明王の結縁ワーク
愛染明王の結縁ワーク
密教瞑想法

【無料メールマガジン】今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
【有料メールマガジン】新生密教塾

お問い合わせの際には、お名前・ご住所・電話番号を必ず明記の上、ご連絡下さい。上記の明記がないお問い合わせには応じかねます。

[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-03-25 18:00 | 慈優からの手紙

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る