人生における何度かの節目に

b0359542_16043627.jpg
日本生まれ、日本育ちのアメリカ人の友人@会社経営&牧師が、昔こんなことを言っていました。

『アメージンググレースってさぁ、アメリカでは葬式の時の曲なのに、日本では結婚式で使われるから微妙な気持ちになるんだよねぇ』←もちろん完璧な日本語。

ふむふむ。
そうなんですね。

私の中では、完璧にバージンロードを歩くときに流れる曲として刷り込みされてました。




先日お葬式に行った際に、福山雅治の『家族になろうよ』が葬儀開始前に流れていたというブログを書きました。
そこで思ったのですが、人生に数回あるという節目のうちの2回。結婚式と自身の葬式は、共通するテーマが根底に流れているのではないか?と。

これまで私は、密教僧として遭遇した死にまつわる記事を書いた際に、曲を紹介してきました。
その曲は、葬式でも結婚式にでも流せる内容の歌詞でした。

喜びと悲しみ、義務と責任と自由。
それらは別個の存在ではなく、一つながりの出来事を右から見るか、左から見るか。上から見るか、下から見るか。
ただ、それだけの違いのように思えてきました。

私は両刃の剣を持っています。
それも自分の外にあるものを切ること、自分の内にあるものを切ること。
両方を意味していると感じます。

ああ、そうなんだ…と自分なりの答えを見出した時、人生が愛おしくなりました。

葬式で『家族になろうよ』を流す葬祭会館も、結婚式で『アメージンググレース』を流す結婚式場も、ちゃんと深いところで「わかっている」のでしょうね。


真澄心理開発研究所メニュー
Instagram
メニュー無料メールマガジン 過去も変えられる!カウンセリング手帳
 
masumi.shinri@gmail.com
 
真澄心理開発研究所オーダーフォーム

仏空也上人 金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝 師僧

→調べ物をして検索で見つけたサイトがご縁で、永作先生に出会いました。
「学びなさい」「私についてきなさい」の言葉が黍団子!?となって、祈祷僧への道をまっしぐら。
先生の言葉をメルマガやこのブログで配信するのも、私の現在の仕事のひとつです。

霊視相談など
不動明王の結縁ワーク
愛染明王の結縁ワーク
密教瞑想法

【無料メールマガジン】今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
【有料メールマガジン】新生密教塾

お問い合わせの際には、お名前・ご住所・電話番号を必ず明記の上、ご連絡下さい。上記の明記がないお問い合わせには応じかねます。

by jiyuu-fudou | 2017-03-20 16:00 | 慈優のささやかな毎日

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る