清浄身心~心身を浄化し清らかにする

b0359542_08292496.jpg

香食(こうじき)という言葉があります。それは、お亡くなりになった方が、浄土でお線香や抹香などのお香を召し上がるという考え方です。
香りはなくなった方にとって、最高の食べ物であるとされています。

また、香は生きている人の心身をきれいにする目的でも用いられます。
この世に生まれ、生きてきて知らず知らずのうちに犯してしまう罪咎穢れを(うーん、この言葉の並びがミッションスクール育ちの私っぽい)を清めてくれるのです。

香は、亡くなった方、今を生きるわたくし、そして周囲の人の為にもなるという功徳があり、香を焚くこと自体が修行であるそうです。

先日この香りについての記事の中で、「最近読んだ僧侶の方のブログに、香炉は仏さまの口だと思いなさい。と師僧から教わったエピソードがあった」と書きました。
香りをくゆらせることが修行なら、その香りはどこからやってくるのか。

即ちそれは仏の口からであり、仏の口からこぼれる煙や香りは仏の教えに他なりません。

とかく現代に生きる慌ただしい私たちは、言語情報や数字から得られる情報だけをサインとして浅く受け止めて流してしまいがちである…という事を思い出させてくれます。

清浄身心~心身を浄化し清らかにする

一日のうちにほんの5分でも10分でも、静かに過ごす為だけの時間を割くことは大切ですね。

合掌

後藤慈有
またのたま

[PR]
by jiyuu-fudou | 2017-02-05 22:00 | 慈優からの手紙

金剛山赤不動明王院 後藤慈優~2015.3.03真澄心理開発研究所を立ち上げました。


by 後藤慈優
プロフィールを見る